クレジットカードの現金化 名古屋編

名古屋にはどのようなクレジットカード現金化業者があるのか?

▼ 目次

名古屋のクレジットカード現金化業者の特徴は?

名古屋には、独自のサービスを展開する名古屋発祥の専門店と、全国展開をしていて大都市に出店している業者が混在している状態です。
名古屋駅前はもちろんのこと、ナゴヤドーム周辺にもショップが多くて、現金化のできる店舗が多い地区と言えます。

このように繁華街にクレジットカード現金化の実店舗があると、ちょっとお金が必要になった時やもう一軒行きたくなった時にも便利です。
ただし、名古屋市のクレジットカード現金化業者の特徴として、早く閉店してしまうところが多いというのがあります。
ちなみに、早いところでは18時くらいには閉店してしまうので、夜に利用したい場合には事前に店舗に電話しておくと良いです。

また、名古屋人は半分関西・半分東京といった土地柄の影響もあるのか、ケチだったり見栄っ張りだったりといった人が多いイメージがあります。
それがクレジットカード現金化店舗にも影響しているようで、金券ショップの形態をとってはっきりと現金化ができるとは書いていない店舗があります。
その一方で、クレジットカード現金化ができると、大々的に看板に書いて宣伝している店舗もあって様々です。
このような2つのタイプに分かれるのが、名古屋のクレジットカード現金化業者の特徴のひとつになります。

それから、誕生日にポイントが加算されたり、Tポイントカードへのポイントを付与できたりと、店舗独自のサービスを展開しているところがあります。
リピーターへの優遇制度を展開したり、現金化プラスアルファでの添付サービスをしたりするのも、名古屋という土地柄からでこれも特徴と言えます。
店舗での換金は約75〜85%の換金率という店舗が多いので、現金化サイトの利用を検討する方も少なくありません。
ただ、店舗があることや対面式ということで安全性を考えれば低金利でも対面式のほうが良いですし、先に触れたようにサービスがあるので実質の換金率は店舗でも約80〜90%になることが多いです。

名古屋の店舗でクレジットカード現金化する方法

名古屋では金券や新幹線の回数券などを買い取り・販売するシステムがクレジットカード現金化の主流になっているようです。
その為、名古屋の店舗を利用する場合は、店舗で売れる商品を事前にクレジットカード購入する、来店して商品を買取してもらうといった2つのステップで簡単に現金化することができます。

クレジットカード現金化できる店舗に行く(問い合わせする)と、購入してほしい商品の内容が伝えられます。
基本的に転売できる商品で、お店や現金化したい金額により商品は異なって、例えば新幹線の回数券・家電・ゲーム機・商品券などです。
その後、クレジットカードの現金化をする店舗に購入した商品をもって来店すれば、その商品を店頭で即日買取してもらえます。
買取してもらって現金をその場で受け取るとクレジットカードの現金化は完了となって、後日クレジットカード会社から購入した商品の請求が届きます。
ちなみに、商品買い取り型のクレジットカード現金化をしている業者は、換金性の高い商品購入サイトと買い取りサイトの2つを一緒に運営していることが多いです。

クレジットカード現金化するサイトを利用する際の注意点

実店舗ではなくてクレジットカード現金化するサイトを利用する場合にはいくつか注意点があります。
そのひとつは、ホームページに記載されている内容と実際の内容が全然違うケースがあるということです。
例えば、ホームページ上の掲載内容で還元率98%、送金完了5分、手数料一切不要といった好条件が、実際には還元率75%、送金完了5時間、振込手数料やその他手数料がかかるといったこともあるのです。
集客をするために誇大表示をしているサイトもあるので、しっかりと問い合わせをして確認することが大事です。

ただ、このような誇大表示をしているサイトの場合は、明確な回答もなくすべての質問に対して曖昧な回答しかしないといった電話対応が悪い可能性があります。
電話対応が悪い場合には不安ですから、利用しないように注意することをおすすめします。
それから最初の申し込みで電話した場合に、高い還元率になるなどの話をされて、やたらと高額の金額を決済させようとするケースもあります。
このような業者もあるので、サイト利用する際にはしっかりと確認して、信頼できる業者を利用するようにすることが大事です。

クレジットカード現金化にはリスクもある?

クレジットカード現金化というと違法ではないのかと考える方もいるでしょうが、結論からいうと違法ではありません。
ただし、いくつかのリスクがあることを知っておくことも必要で、そのひとつはカード会社にバレるとクレジットカードを停止される可能性があるということです。
また残高を一括で請求され可能性や、信用情報機関に記録されるので今後他のクレジットカードが作れなくなる可能性があります。